• yukijba2602

困ること

困ること、、

火災保険は正しい使い方をすれば万能だと思います。

しかし、たまに困ったケースがあるのも事実です。

・お客様から現場調査時に故意に破損させてほしいとのお願い。

・綺麗すぎる物件での満足いく保険受給金額の約束。

(綺麗すぎる物件はおりません!)

例えばこの物件は30万くらいしかおりませんよ、、と言って本当にその額がおりた時に「少ない」と文句を言われる

・保険でおりた範囲内での工事をしつつお金を残してくださいという提案。

・保険受給額の範囲内というのをいい事に関係のない破損場所まで工事を詰め込む

→これは最悪です。保険というのは減額されるのはよくあることで減額されているにも関わらず他の部分を追加で工事するのは論外です、、

足りないに決まっています。

・そもそも後になってキャンセル料を覆そうとしてきたり契約書、同意書関連に文句を言う

キャンセル料、等の説明は最初に事細かく話してチェック項目を付け、赤字で復唱して

やっているので後から言われても困ります😓

これらのことを守らない方は申し訳ないですがこちらからお断りするか「後回し」して他のお客様を優先致します。

困っている方はたくさんいるのでそちらを優先します。

こういった方がたくさん弊社のお客様にいる訳ではなくごく稀です。

私達はなるべく多くおろす努力をします。

保険でおりた額の範囲内で工事をするように務めますが現場調査段階で保険がおりにくいと説明した上で割引きにしかならないと伝える事もあります。それは正直に言います。

そこは理解して頂けたら幸いです。

私達でおろせない物件はおそらくどこがやってもおりないと思いますが、、

そのくらいの自信があります。


斎藤