• yukijba2602

【今日の出来事】


来週工事予定のお客様の近隣の方々に、工事が始まるご挨拶に伺ったのですが、お隣の奥様から、「県民共済(神奈川では全国共済)に入っていて、この間の台風で、"一部雨樋"を直してもらったの」とお話していただきました。

少し雑談を交わしたあとに、前回雨樋を修理された業者の保険会社への申請書類を拝見させていただいたところ、全ての箇所の雨樋が申請され、全ての箇所申請が認められていました。


ここで重要なのが、雨樋全ての箇所の申請が認められているのにもかかわらず、一部の雨樋しか直していないということです。


直してない雨樋は今後火災保険に入っていてもお金が降りることはなくなってしまいます。


お客様の懐事情も考えなくてはいけない難しいところではありますが、良い業者であるならば、申請費用の中で収まる工事と、足が出ても今後保険が使えるような工事の提案ができなければいけないと思っております。


お客様と本音で付き合っていけるようなそんな業者になっていきたいと思います。 


                 

                 おがわ